エイブラハム・ラボリエル Abraham Laboriel ベースの王者

Abraham Laboriel エイブラハム・ラボリエルというベーシストの名前を知っていますか?

名前は聞いたことがなくても、彼のベースプレイは一度は耳にしたことはあるはず。

メキシコ出身のベーシストで、元々はギタリストを目指していたミュージシャン。

クラッシックギターのテクを基礎に持ち、単にベースというよりはメロディーも
重視しているプレーには定評がある。

カリフォルニア、バークレー音楽学院でその才能は開花し、POPSから
ROCKに留まらすフュージョン・R&Bと幅広く活躍する。
スティーヴィー・ワンダーやエルトン・ジョン、レイ・チャールズ、マドンナ、ポール・サイモン、クインシー・ジョーンズ、マイケル・ジャクソンなどのアルバムやツアーにも参加。

日本人プレーヤーとの交流も多く、高中正義、松任谷由美、中嶋みゆき、織田哲郎
などのアルバムにも参加するベーシスト。

数千曲に及ぶ彼のベースは、誰でも聴いたことのある曲をバックで支える重要なファクターである。

ここで紹介する動画では、彼の真骨頂ともいえるフィンガー・ピッキング。

普通は、指弾きというと弦を下から弾くか、もしくはチョッパーになりますが、
彼の場合は、指で弦を弾くことで音を出しています。

しかも、人差し指から小指まで全部使って弾いてしましいます。

最初は、通常の指引きで弾いた後、弾く弾き方をレクチャーしています。

じっくり見て、そのテクを習得してください。



ベースという楽器の持っている可能性を、固定概念で決め付けてはいけない。
また、ギタリストやドラマーなど他のプレーヤからインスパイアされる
イメージも大切にしなければならない、と説きます。

5弦ベース、しかも24フレット、という限界までベースとしての音を
追究する姿勢に共感するプレーヤーが多いことを感じられます。

彼の息子であるAbraham Laboriel Jr.はドラマーとしても名うてのプレヤーです。

 ★全種類のベースギターを見て買うなら。★


★応援ポチよろしくです。⇒banner_03.gif  ついでにポチ!⇒red88x15_e.gif

posted by youtube_bass | TrackBack(1) | ベースギター超絶技

この記事へのトラックバック

負けても勝ち組w
Excerpt: てぃん★てぃんシゴきまくってもらって5諭吉くれるってどんだけww パチ屋行く前の軍資金集めの定番になってしまったw
Weblog: ドンパッチ
Tracked: 2008-02-16 15:33
 ★全種類のベースギターを見て買うなら。★


★応援ポチよろしくです。⇒banner_03.gif  ついでにポチ!⇒red88x15_e.gif
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。