Doobie Brothers「LongTrainRunnin'」

ファンクに求められるもの【ノリ】


これは、書いたり読んだりの世界ではありません。

しかも「見れば分かる」とも言い切れないのも残念、、、



「裏ノリ」とよく表現されるバックビートは、

譜面上やタブ譜で理解しようとすると結局オンビートになりがちです。


例えば「4分音符」を半分にして、「8分休符」と「8分音符」に分ける。


コレは当たり前ですが、休符を入れるとなると、

それまでの流れを一回止めて、音を無しにして、また始まる。


みたいに感じちゃいます。


「ウラ」の重要なところは【空気感】です。

 そこに「何かある」的に流れる時間を作る。


 その時間の隙間を見つけるために練習します。


 ミュージシャン達がアゴをクイックイッ! ってやってるのは

 そのタイミングを見つけてるんですね。

 ◇↓何気に聞き流しながら読んでください。↓

 


そこが分からないと、ちゃんと弾いてる・音は合ってる・のに

何故か一体感を感じることが少ないです。


チョッパーで1曲ずーーーっと。というものプレイヤーにはたまりませんが、


オーディエンスとしては、一瞬「エッ!?」って出てきて、

何気に消えるのがいいんじゃね。


ってことで、先ほどのDoobieを観てもらったのですが、

そのベースをフューチャーした動画がありました。

「ノリ」の違い、という意味と「一瞬」の使い方、両方の勉強になりますよ。

 

 タテに乗っちゃってます。ま、アレンジの問題もありますが、

 波形をイメージすると、「ギザギザ」っぽいですね。

 ビートがまだカクカクしてます。 なので、半拍待ちで食っちゃいます。

 波形は「サインカーブ」の細かいヤツをイメージ。

 実際の速さの半分で上下するくらいのサインカーブを

 「曲線を意識して」ノリを掴む練習。

 
ギターの相棒がいる人は、こちらでギターを練習。

 ◇◇◇【Youtubeでギター練習・ドゥービー】



posted by youtube_bass | TrackBack(5) | ファンクベース・BC

ナルチョといえばチョッパー

チョッパーベースの代名詞「鳴瀬 喜博(なるせ よしひろ)」

ナルチョのベースは、正確なリズムとタイトなビートにあります。

スラップベースやチョッパーを弾く時に、どうしても

フレーズや運指にとらわれがちです。


でも、そのフレーズやリズムを維持するためには

それなりの練習や下積みが必要だということを

ここでは、しっかりと教えてくれます。



特に、後半の音を出さないでやる練習は、

チョッパー・スラップ系を目指す人なら必見です。

この練習だけでも毎日やる価値がありますね。

1日10分でいいので取り入れたい練習です。

 ★全種類のベースギターを見て買うなら。★


★応援ポチよろしくです。⇒banner_03.gif  ついでにポチ!⇒red88x15_e.gif

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。